サーバ型WEB会議システム

WEB会議システムにはサーバ型とASP型があります。企業のうち、セキュリティを特に気にする、社内ネットワークから外に出られないことが多い会社はサーバ型を選択することになります。サーバ型はWEB会議システムを買い取る、もしくはレンタルして自前のサーバにインストールして使うシステムです。

ビジネス視点でWEB会議の問い合わせの特徴を紹介するサイトです。

会議の参加者に応じて初期費用はかかりますが、月額料金が発生しないことが多いので会議の人数が固定されているならASP型よりも安く利用することができます。
また、社内ネットワークから出ずに会議ができるのでセキュリティ上も安心なシステムです。WEB会議システムで気をつけなくては行けないポイントは2つです。1つはサーバを自前で用意するのでIT担当者が必要になることです。

インストール作業はシステム会社に依頼することもできますが、日々のメンテナンスやアプリケーションの起動は自ら行う必要があります。



また、会議システム専用のツールを各PCにインストールする作業も必要となるので導入の敷居はかなり高くなります。

2つ目は外部からの会議への参加をどうするかです。
VPNなどを用意できれば社外にいても会議に参加できますが、社外からのアクセスを禁止している場合には参加ができません。

そのため、一部の会社ではWEB会議システム用に外部のサーバを借りてVPNで接続して利用する場合もあるようです。
サーバ型のWEB会議システムは自由にサーバ構成が取れる反面担当者の負担も大きいことを検討する必要があります。

NAVERまとめに注目が集まっています。